私のチャットレディ体験談

チャットレディ体験談 2

チャットレディを何年かやっていた私は、色々なお客様に出会うことができました。

その中でも、印象に残ったお客様達や体験談を書きたいと思います。
某大手サイトでチャットレディをして在籍していた時の体験です。
その月あまり稼げていなかった私は、今までの分をなんとか取り返そうと、

深夜までログインしていました。

AM1:00頃にあるお客様がチャットインしてくれ、楽しく会話をしていましたが、

途中からその方の話し方が馴れ馴れしくなってきました。
今まで、〇〇ちゃんと呼んでいた私の名前が呼び捨てになり、命令口調。

けれどHな要求をされるわけでもなく、会話自体はなんの問題もなかったので

チャットを続けていました。
なにしろ、それまで思ったように稼げていなかったので、長い時間会話をし、

お金を落としていってくれることが、私にとって魅力的でした。
私も、体を気遣うようにやさしくしてみたり、誉めて持ち上げてみたり、

会話が続くように努力しました。
気が付いたらもう明け方で、そろそろ終わりかなと思ったのですが、相手はまだ

まだチャットを続ける雰囲気です。
平日で仕事もあるし、出勤準備をしなくてはいけなかった私は、

「仕事に差し支えるから、少しでも寝たほうがいいよ」

と言ったのですが、なかなか分かってくれないのです。
どうしようもないと思った私は、

「実は彼氏と同棲していて、彼が起きてきたからもうログアウトしないといけない」

と嘘をつきました。

そういえば、引き下がってくれると思ったのです。
ですが、相手はますます燃え上がり、「愛している」とか「彼氏と別れてくれ」

などといい始めました。
ちょっと怖くなって、ログアウトしようとしたら、大声で私の名前を叫び始め

ました。
そのまま私はログアウト。

即効でアクセス禁止のブラックリストに登録しました。
やってはいけないことのひとつに、絶対に本名や住所、電話話番号などを教えては

いけないと前にも書きましたが、流れや勢いに押されて教えてしまったとしたら・・

ちょっと怖いですよね。
バーチャルの世界を分かった上で、さらりと遊べる大人の男性ばかりではないことを

実感した体験でした。