チャトレの世界にこんな人がいました

私の周りのチャットレディ達 2

1では、言葉巧みに男性会員を操る、凄腕チャットレディのことを書きましたが、

ここでは、また別の方法で男性をとりこにするチャトレさんについて、

書きたいと思います。
とても人気のチャトレさんのお話ですが、彼女の武器は「ルックス」でした。

女の私が見ても、セクシーで綺麗な女性でした。
カメラの位置やライトの当て方など、いろいろなテクニックがあるのは、以前にも

書いた通りですが、それを考慮しても、間違いなく美人でした。
目はパッチリ肌もつやつや、鼻筋の通ったまさに正統派美人。
けれど彼女のスッピンを見て、声が出ませんでした。

まさに別人。

まさか同一人物だなんて、誰も思わないでしょう。

特殊メイク並だと言っても、過言ではありません。

そのうちハリウッドから、スカウトが来るんじゃないかと思ったほどです。
彼女に教えてもらったことは、カメラの前のメイクは、やりすぎくらいが

ちょうど良いということです。

カメラの前で美人な彼女も、そのメイクで実際に街を歩いたら

誰もが思わず振り返るほどの、濃い化粧をしたすごい女になってしまうのです。
塗りたくったファンデーションも、入れすぎたノーズシャドウも、

美人にみせるためには大切なこと。

実際には、自然な素肌感を大切にするファンデーションも、カメラの前では

とにかく粗を隠すことに徹するのです。
もちろん目元も大事。

倍にはなっているであろうパッチリしたお人形さんのような目は、

太いアイラインと付けまつげの賜物でした。
彼女の髪は肩につくくらいの長さでしたが、ウイッグをかぶり、巻き髪風

ロングヘアに大変身。
こんな特殊メイクも、彼女なりにあみだした技なんだと、なんだか感心してしまった

ことを覚えています。
ちなみに私は、スッピンでカメラの前にいました!

TOP画では、きちんとメイクをした画像を使っていましたが、チャット中は

スッピンにパジャマ。

就寝前のおしゃべりな感覚を演出できたらなあ~と思ってやってみたのですが、

案外評判が良かったのは驚きでした。
やはり男性は、自分に見せてくれるスッピンには弱いみたいですね。

スッピン好きの男性は多いようです。

スッピンの方が可愛いと言ってくれたお客様もいました。

メイク中と素顔のギャップも、魅力なのかもしれませんね。
でも、彼女のような特殊メイク並からのギャップは、男性には耐えられないかも

しれませんけど(笑)
皆さんも色々試してみると、新たな発見がきっとありますよ!